良い病院

良い病院の見分け方(11)

あなたが今までにかかった病院で、ここは、とても良い病院だった・・・というところはありましたか。
もしくは、ここの医者はとてもよかった・・・と思うことはありましたか。
それは、どのように良かったのでしょう。
ごく一般的なことになりますが、医師の良し悪しを見分ける方法をいくつかご紹介いたしましょう。
もちろん、当てはまったからといって、そういう医師が全員、良い医師、もしくは悪い医師であるとは限りません。
ですが、良いか悪いか判断しかねる時に参考にしていただければ幸いです。
まず、一度くらいはこのような医師にあたったことがあるのではないかと思われますが、「カルテばかり見ながら話す医師」ですね。
このような医師は、意外といらっしゃいます。
もちろん、数多くの患者さんを診ていらっしゃいますから、一回一回、カルテを見直さなければ、正確な病状、その他を思い出すことは出来ないでしょう。
ですが、一通り見たあとも、まだカルテを見ながら話し続ける医師は案外、多いです。
これは、医師がもともと恥ずかしがりなタイプであったり、少々、自信がないタイプの場合に多いようです。
医師には、自信を持って診察していただきたいですから、カルテばかり見ている医師はちょっと避けたいですね。
また、あなたの知っている医師のなかで、よく「学会」ということばを口に出す医師はいらっしゃいませんか。
そのような医師は、権威や名声に頼りがちな医師だそうですから、今後、チェックしてみてください。
医師は、その経験と腕が全てだと思っていらっしゃるかた、もしくは親身になって患者さんの話を聞いてくれて病気について詳しい説明をしてくれる医師こそが最高だと思っていらっしゃるかた、この両者とも、大変優れた医師です。
このような医師がいる病院であれば、良い病院と言って間違いないでしょう。

 良い病院の見分け方(11) 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi