良い病院

良い病院の見分け方(6)

近頃では、外観が非常にお洒落な病院も増えてきました。
一見しただけでは、ブティックか美容室かとも思われるような、とてもお洒落で現代風な外観です。
たぶんきっと、比較的若いお医者様が自分の病院を建てるのだったら、やっぱり外観もお洒落なほうがいい・・・そのように思って建てたのだろうと思います。
そうして、年齢の若い患者さんであったら、なんとなくそのようなお洒落な病院に行ってみたくなりませんか。
あなたでしたら、いかがでしょうか。
逆に、ご年配のかたがたでしたら、そのようなお洒落な病院は入りにくいといって避けるかたが多いのではないでしょうか。
これもまた、一概に良い病院、悪い病院などと言えることではないのですが、かなり大雑把にとらえて、外観が非常にお洒落な病院というのは、基本的に若い医師が診察している場合が多いです。
つまり、ある程度の年齢がいった医師に比べれば、経験は少ない医師ということになりますね。
もちろん、だからといって腕が悪いということにもなりませんが、見てきた症例なども少ないに違いありません。
逆に、若い医師の良い部分というのは、最新機器や治療を取り入れることに積極的であるということでしょう。
年を取ってくると、たとえ医師であっても新しい試みに挑戦することに対して消極的になりがちなかたが多いです。
長い間、それまでのやり方でやってきて間違いがなかったわけですから、そのまま自分自身の経験をもとにやっていこうとします。
それも決して悪いことではありませんが、最新の機器や治療の方が、より医師にとっても患者さんにとっても負担が少なくてすむ・・・ということも多いです。
病院の外観で良い病院か悪い病院か判断するのは難しいですが、少なくとも、今、お話したことは大概の場合当てはまると思います。

 良い病院の見分け方(6) 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi