良い病院

良い病院の見分け方(5)

薬をたくさん出す病院は、良い病院であるのか、それとも悪い病院であるのか・・・あなたは、どちらだと思いますか。
これは、本当に難しい問いであり、一概に言えるものではありません。
何故なら、どのような病気で、どのような症状を改善するために、それらの薬が必要になっているのか、患者さん側にはよくわからないからです。
実際の病気とは関係なく、最近、何日もよく眠れない日が続いている・・・というようなことを診察のときに言えば、医師のほうでは睡眠薬を追加したりもするでしょうし、胃の具合が良くなくて食べ物をあまり食べられない・・・と言えば、胃腸薬を追加してくれたりもするでしょう。
近年は、薬の説明が書いた用紙を貰えるようになりましたから、患者さん側でも薬についていろいろと知識が増えてまいりました。
しかし、そのような用紙を隅々までご覧になるかたも、そう多くないですし、医師を100%信頼するあまり、読まないで捨ててしまうかたもいらっしゃることでしょう。
最近の一般的な風潮としては、薬はあまりたくさん服用しない方が良い・・・というのがあります。
病気の不快な症状を抑えるために、ほかの副作用が出ることもありますし、長年、たくさんの薬を服用することで、肝臓などの臓器にも負担がかかります。
ですが、患者さん自身が、今現在の不快な痛みや症状を軽減したいと訴えるのならば、医師は薬を出してあげるでしょう。
しかし、中には、患者さんに頼まれもしないのに余計な薬をたくさん処方したり、高価な薬を出す医師もいると聞きます。
同じ病院の中でも、さまざまな医師がいるでしょう。
ですから、薬の量が多いか少ないかだけでは、良い病院、悪い病院の見分けはつきにくいと思いますね。
薬を基準に病院を選ぶのであれば、あなた好みで選ぶより他ありません。

 良い病院の見分け方(5) 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi